新卒採用の場合は、エントリーシートをまず提出するようになっていますが、現在はそれを行わない企業も出てきました。


新しい形の新卒採用で、会社の人事担当書に直接会って、アピールできる良さがあります。
新卒採用の場合は、志望動機を聞かれることがほとんどですが、エントリーシート不要の会社では、それより別のことを質問されることがあります。



例えば、これまでの人生で一生懸命に取り組んだことを聞かれる会社があります。

ベンチャーであるDYMだからこそ叶えられる夢もあります。

このような会社ではその人の能力やスキルよりも、個性を重んじているのです。
個性的な人がその会社で成功できるかは未知数ですが、もしうまくいけばユニークな発想や常識を打ち破る行動をして、その会社に新風をもたらす可能性があります。


新卒の抜擢文化もあり、DYMでは新卒3年目社員が役員になっています。



今興味のあることを尋ねられる場合もあります。



興味のあることはその人が一生懸命になれるものなので、それをその会社のために役立てることができないか判断されます。個性的な人がその会社で成功できるかは未知数ですが、もしうまくいけばユニークな発想や常識を打ち破る行動をして、その会社に新風をもたらす可能性があります。

今興味のあることを尋ねられる場合もあります。
興味のあることはその人が一生懸命になれるものなので、それをその会社のために役立てることができないか判断されます。

このようなエントリーシート抜きの会社はインターネットを使えば、比較的簡単に見つけられます。


これまでにエントリーした会社がうまくいかなかった場合は、申し込んでみる価値があります。

このタイプの採用に共通しているのは、信頼関係の構築を目指していることです。住宅会社やアミューズメント業界などが多いので、お客様相手の仕事になります。お客様相手の仕事で大切なことは、信頼関係を作って、それに基づいて仕事をしていくことです。


面接の場でそれができる人材であるかどうかを判断されます。

Copyright (C) 2016 新しい形の新卒採用もある All Rights Reserved.